契約締結前の相手の経歴調査

*
探偵調査おすすめナビ > 企業調査 > 契約締結前の相手の経歴調査

契約締結前の相手の経歴調査

p121

契約締結前の相手の経歴調査

新しく会社と契約を結ぶ場合、相手の会社のことをよく知らなければ、安心して契約を結ぶことが出来ませんね。
そういう不安を取り除くために会社がリサーチ会社や、探偵社・興信所に依頼するのが「経歴調査」です。
これは新しく契約を結ぼうとしている会社が、偽りの情報や自分にとって都合のよいように操作した情報を提供していないかなどを調べる調査です。
「経歴調査」はもちろん、契約を締結する前に行わなければなりません。
一度契約をしてしまえば、相手の会社に不安があり「信用出来なかった」としても、簡単に契約を破棄することは出来ません。

会社経歴書は正しいか?

会社では、会社の概要を記した「会社経歴書」というものを作成します。
平たく言えば、個人の履歴書の会社版といったものです。
これは様々な場面で提出が求められるため、通常、どこの会社でも作成してあります。
書類の提出先で形式が定められてれば、それに従って記述し、提出します。
そうでない場合は、会社の概要がわかるように作成します。
概ね、次のような最低限の項目を備えていればよいようです。

  1. 会社名
  2. 所在地
  3. 役員
  4. 設立年月日
  5. 事業内容
  6. 資本金
  7. 主要取引先
  8. 取引銀行
  9. 沿革

また営業用のツールとして使用する場合には更に、次のような項目を追加している場合があります。

  1. 経営理念
  2. 社屋の写真
  3. 代表者の写真

会社経歴書の偽装は簡単

会社経歴書は、個人の履歴書と同じだと申し上げました。
個人の経歴査証はよく問題になりますよね。
これは場合によっては懲戒処分になります。
つまり、会社経歴書は会社側の都合の良いように書くことが出来るのです。
その会社にとって都合のよい情報を渡されて、それを鵜呑みにして新規の会社と契約を締結するのか?
不安になりますよね。
そういうときにはリサーチ会社を利用し、「レポート」を作成してもらいます。
けれども、ひとつの会社について詳しく知りたいなど、ニッチなニーズに応えてくれるのはリサーチ会社よりも、探偵社・興信所です。
一般的な調査だけではなく、あなたの知りたいことをピンポイントに調べて貰うことも可能です。

契約前に注意が必要

新規の会社と契約を締結した場合によく問題になるのが、「暴力団関係者の企業と契約」を締結してしまったというような時です。
最近は暴対法が強化されていることもあり、暴力団関係者と取引があるというだけで、警察や税務署に目をつけられてしまい、日常の業務に支障をきたすという面倒なことになりかねません。
これはひとつの例ですが、このようなトラブルに見舞われないためにも、新規の会社と契約を締結する前には、相手の会社が信用出来るかどうかキチンと「経歴調査」をしておくことが、会社の将来のためにもなります。
ご自身で調べることも出来ますが、それにはやはり限界があります。
プロの探偵社・興信所に依頼すると、自分では調べられなかったことが簡単にわかるということも多々あります。
相手の会社に不安を感じたときは、契約を締結する前に一度、探偵社・興信所に相談をしてみてはいかがでしょうか。
契約を締結するのはそれからでも遅くはないと思います。

契約締結前の相手の経歴調査関連ページ

正社員、設立、電話番号
企業調査を行う上で大切となるのが、調査対象の企業の正社員数や設立年月日、その他には電話番号の正当性などが挙げられます。 正社員数というのは、企業の信用度を図るバロメーターとされていて、大人数が働いている職場でも正社員の人 […]
企業調査
企業調査は与信調査とも呼ばれます。与信とは、融資や信用取引などの融資に関する枠を供与すること、つまり「信用」を与えるという意味です。クレジットカードを想像するとわかりやすいですね。これが会社間になると、取引先と「いくらま […]

トラックバックURL

http://tanteichousa.biz/%e5%a5%91%e7%b4%84%e7%b7%a0%e7%b5%90%e5%89%8d%e3%81%ae%e7%9b%b8%e6%89%8b%e3%81%ae%e7%b5%8c%e6%ad%b4%e8%aa%bf%e6%9f%bb/trackback/