浮気、不倫、不貞調査

*
探偵調査おすすめナビ > 色々な依頼内容 > 浮気、不倫、不貞調査

浮気、不倫、不貞調査

探偵社や興信所に相談される案件の中でも「浮気」や「不倫」に関することで相談される方はとても多いです。男性も女性も年齢を問わずに相談される方が多いのが特徴となっていて、最近では、結婚をしていない、彼氏・彼女という段階でも相手が浮気をしているかもしれないと、不安を感じて相談される方も多いです。もちろんそれだけ真剣にお付き合いをされていたり、将来のことを考えているからだと思いますが、最近は出会いが簡単になっていて、且つ巧妙に隠されているので、突き止めるのは大変難しくなっています。日本の法律上では、浮気や不倫に関しての「不貞行為」というのはある程度明確に決められているので、離婚の有責がどちらにあるのかという証拠集めのために探偵社や興信所を利用される方が多いのも特徴となっています。調査費用に関しては事務所によって異なりますが、相談に関しては無料になっていることが多いので、少しでも気になることががあるようでしたら、早期に無料相談してみることをお勧めします。勘違いだったら儲けもの、傷が浅ければ早期に対応すれば無事なんとかなることも往々にしてありますので、気軽に相談してみることをお勧めします。

浮気・不倫・不貞

不貞行為とは

浮気・不倫のことを法律ではまとめて「不貞行為」と言います。
日本の法律では、不貞行為について明確に定められています。
離婚等のときに責任がどちらにあるか、その法律にどう抵触するかにより決まります。

法律の定める不貞行為の定義

少し難しい法律の話をします。

法律用語の「不貞行為」は民法第770条第1項第1号に定められている離婚原因のひとつになります。
裁判などによると不貞行為の定義は、「配偶者のある者が、自由な意思に基づいて、配偶者以外の異性と性的関係を持つ事」を指します。
つまり日本の法律上では、肉体関係があった場合のみ、浮気や不倫は「不貞行為」となるのです。夫婦がお互いに他の異性と性的交渉を持たない義務に反する行為に当たるからなんですね。

一般的には一度きりの肉体関係も不貞行為とされますが、離婚の理由とするには何度も繰り返し行われていることが条件となります。

ちなみに、男女間の密会が肉体関係を伴わない場合は、日本の法律では「不貞行為」にはなりません。

異性と二人きりで会ったり、仲良くメールをしたり・・・とそんなことをされれば、浮気や不倫だと思いたくなるかもしれませんが、法律的にはそれは不貞行為ではないのです。

詳しい法律

民法 第770条について

1.夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することが出来る
  ①配偶者に不貞な行為があったとき
  ②配偶者から悪意で遺棄されたとき
  ③配偶者の生死が3年以上明らかでないとき
  ④配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき
  ⑤その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき

2.裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して、婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却する事が出来る

法律が不貞行為とみなさない状況

但し上記に述べた状況に当てはまる場合でも、不貞行為とみなされない場合もあります。

  • 離婚をする事が前提で夫婦が別居をしている場合。
  • 夫婦関係が破綻し、双方合意の上で別居をしている場合。
  • 夫婦関係が破綻し、双方合意の上で家庭内別居をしている場合。

この場合は配偶者が他の異性と肉体関係を持ったとしても不貞行為とはみなされません。
但し、別居する以前から、浮気や不倫をしていた場合には、不貞行為とみなされます。

不貞調査の目的

不貞調査を依頼される際、みなさんはただ漠然と浮気や不倫の事実を知るだけではなく、みなさん、目的を持った上で調査依頼をされると思います。

不貞調査の目的

不貞調査を目的別に分けると、以下のように分けられるかと思います。

<復縁調停>
浮気相手と別れさせて、パートナー同士の関係を修復するため

<離婚>
浮気の証拠を掴み、事実を明るみに出すことで、離婚を迫るため

<慰謝料請求>
浮気相手と浮気をしたパートナーに対して、慰謝料を請求するため

<離婚の交渉>
離婚の際に、パートナーとの交渉(協議・調停・裁判など)を有利にすすめるため

慰謝料の条件

パートナーだけでなくその浮気相手に慰謝料を請求する場合、その浮気相手の住所や連絡先がわからないと慰謝料請求は出来ません。
また相手の資産・収入も請求額と関係があるため、浮気相手の職業なども、必要に応じて確認することが求められます。
こういうときに、探偵社・興信所が活躍するのですね。

慰謝料の金額

一般的に慰謝料の相場は300万円と言われていますが、最近は300万を下回る判決も出ているようです。

不貞調査を依頼するときには

不貞調査には、1日15~35万円程度とたくさんのお金がかかります。
不貞調査を依頼する際、依頼者は「いつ」浮気や不倫をする可能性があるかについて、探偵社・興信所に伝えることになります。
それによって、探偵社・興信所は張り込みなどをするわけですね。

つまり、依頼をする前にはまず、あなた自身が密かにかつ正確に配偶者の様子を探っておくことが、調査を効果的にし、また調査費用を抑える上で大事なことでもあるのです。

探偵社・興信所に依頼さえすれば、浮気や不倫が明らかになるわけではないことは、知っておきましょう。

不貞行為の証拠として採用されない

例えば、浮気写真の撮影に成功したと言っても、実際に裁判でその証拠が採用されない場合もあります。
交渉や裁判において有効に用いるための証拠には、ある程度、客観的・一般的に、不倫の事実が証明できなければなりません。
つまり無関係の第三者に対しても説得的である必要があるんですね。
言い訳が立つような証拠は、裁判では有用とされません。
「反論調査」「反論鑑定」を行う調査会社に、証拠を無効にされる場合もあります。

印象の弱いシーン

  • 車に一緒に乗っているだけのシーン
  • 一般的なホテルに入っていくシーン
  • 夜、繁華街を一緒に歩いているシーン

浮気、不倫?チェックしてみましょう

いくつ、あてはまりますか?
浮気や不倫の不安が心配な方は、まずご自身でそれとなくチェックしてみましょう。
そしてその疑惑が強まったときには、探偵社・興信所に無料で相談されることをおススメします。

携帯電話

  • 家の中で、肌身離さず携帯電話を持っている
  • 一緒に居る時にかかってきた電話に出ない
  • 携帯電話にロックをかけるようになった
  • 携帯電話が常にマナーモードやサイレントモードになっている
  • こちらから電話をかけても、電源を切っている事が多い
  • こちらから電話をかけても、折り返しかかってくる事が多い
  • かかってきた電話への応対がよそよそしい
  • メールの着信があっても、その場で確認しない
  • 発着信履歴やメールの送受信履歴などを常に削除している
  • 携帯電話を操作している時に不意に近づくとスグに操作をやめる
  • 携帯電話を置く時には、表示画面が見えないように裏返しに置く
  • 携帯電話の利用料金が急に増えた
  • ワンコールなどの着信が増えた
  • 間違い電話が増えた

身だしなみ

  • 服装がお洒落になった
  • 化粧が派手になった
  • 香水をつけるようになった
  • 高価な下着、派手な下着等を着用するようになった。
  • 新しい下着が増えている
  • 結婚指輪をしなくなった

仕事関連

  • 急な残業などの理由で遅い帰宅が増えた
  • 出張が増えた
  • 休日を教えなくなった
  • 休日出勤をするようになった
  • 給料明細を見せなくなった

生活関連

  • 帰宅時に石鹸の匂いがする。香水の匂いがする。
  • 食事の好みが変わった。食事に手を抜くようになった。家事をしなくなった。
  • 金遣いが荒くなった。クレジットカード類の利用が増えた。
  • 知らない鍵を所有している。
  • 家に帰らなくなった。外泊が増えた。外食が増えた。
  • 性的関係を拒むようになった。回数が減った。自分本位になった。雑になった。
  • 手や体に触れるのを嫌がる。
  • 同じコップや箸、スプーン、フォークなどを使わなくなった。
  • 避妊具を隠し持っている。避妊具の数がいつの間にか減っている。
  • こちらの予定を詳しく聞いてくるようになった
  • 家族との会話が少なくなった。
  • こちらの質問等に逆切れするようになった。
  • 別居をほのめかすようになった。
  • 離婚をほのめかすようになった。
  • 今まで付き合いのなかった名前の人と頻繁に付き合うようになった。
  • 毎週、同じ曜日や時間帯に外出する事が増えた。

浮気、不倫、不貞調査関連ページ

子供のいじめ
このページの目次「うちの子供、最近もしかしていじめにあってる?」何故、子供のいじめ問題を探偵事務所に依頼するのか?探偵事務所の、いじめ問題の調査の仕方最初の一歩を踏み出しませんか? 「うちの子供、最近もしかしていじめにあ […]
交際相手の職業が知りたい
みなさんは、交際している方の職業をきちんと把握されていますか?中には、職業を曖昧にぼかして言わないような人もいるのではないでしょうか。これから先お付き合いしていく上で、相手の職業がわからないなんて不安ですよね。そんなとき […]
妊娠の履歴、現在
真剣にお付き合いをしている女性の妊娠履歴を知りたいという男性はとても多いです。年代を問わずに多くなっているのが特徴的ですが、データ的には都心部よりも地方に行くほどに多くなっているのがポイントです。 特に結婚を真剣に考えて […]
詐欺などの前科、逮捕歴
交際相手の誠実さをはかる重要なファクターに、詐欺などの前科・逮捕歴があるかどうかというのがあると思います。前科や逮捕歴といった賞罰に関する経歴に関しては、ご自身でも裁判所に出向けば調べることが出来ますが、交際相手に不審な […]
精神科などの通院歴
最近では少し変わった人から本当に精神を病んでいる患者まで「メンヘラ」という言葉でまとめて表す風潮があり、精神科への通院のハードルも下がっているように思えます。結婚を前提としてお付き合いをしている場合、精神科や病気の有無は […]
借金、クレジットカード
交際相手に「借金」があるかどうか、みなさんやはり気になりますよね。自分の彼女や彼氏、もしくは妻や夫の借金が気になるという方は多いです。いざ結婚してみたら、相手は借金塗れだったなんてことになったら、目も当てられません。結婚 […]
相手の元彼、元カノ
新しく交際を始めようとするとき、その相手の元カレ・元カノがその人にとってどんな人だったか、気にならない人はいないと思います。直接聞いたりしなくとも、相手の何気ない行動や言葉で元カレ・元カノの存在を意識して、落ち込んでしま […]
昔の恋人について
探偵の仕事といえば、代表的なものはいわゆる浮気調査ですが、浮気調査と並んで案外多い依頼があります。それは「人探し」です。例えば、ある日突然行方不明になった家族や友人知人などを探したい場合には、警察に捜索願いを出しますよね […]
彼女、彼の過去(恋愛遍歴)
「聞きたいけど聞けない」「聞いた話が本当がわからない」・・・など、恋愛遍歴について悩んでいる方、多いと思います。実際にこのような悩みを抱えて、探偵社・興信所へ足を運ぶ人も少なくありません。 このページの目次8割の人が知り […]
遠距離恋愛の調査
遠距離恋愛中のパートナーの動向が気になって調査を依頼される方が多いです。実際のところ、遠距離恋愛というのは近距離での恋愛に比べると浮気や不倫行為を行う確率が男女ともに高いとされています。 そのため、不安を感じたパートナー […]

トラックバックURL

http://tanteichousa.biz/%e6%b5%ae%e6%b0%97%e3%80%81%e4%b8%8d%e5%80%ab%e3%80%81%e4%b8%8d%e8%b2%9e%e8%aa%bf%e6%9f%bb/trackback/