精神科などの通院歴

*

精神科などの通院歴

p95

病歴・通院歴は調べられる

「精神科に通院している」。それだけで印象が悪く取られかねないため、案外内緒にしている人は多いですよね。
あなたの交際相手も、実は精神科に通っているのかもしれません。
もしかしたら今は治っているけれど、過去には通院歴があるかもしれません。
けれども結婚をするのであれば、ちゃんと話してもらわないと、これから先を一緒に生きていくのに不安が残りますよね。

また、最近は精神科に通院しているという方が増えてきたので、精神科のなどの通院歴が合ったとしても気にしない親御さんが増えてきましたが、それでも婚前調査で知りたいと思う親御さんが多いです。

精神科に限らず、病気を患っていて、通院歴が合った場合はキチンと申請を出している場合は、問題なく調査で判明しますので安心して下さい。

問題なのは、申請を出していないようなケースです。
特に、保険証が必要とされないような医療を受けている場合は、調査をしても判明しない事がありますので注意して下さい。

そのため、「通院歴」といった漠然とした相談ではなく、探偵事務所や興信所に相談する段階で、「何の病気での通院歴がないか?」というような相談をするようにして下さい。
そうすると、担当者が明確に答えてくれます。
そして調べて貰ったら、相手は精神病で困っているのですから、隠していたことを一概に糾弾するのではなく、通院歴があるのを知っていると相手に伝えた上で話し合おうと言えば、もしかしたら、話し易くなってちゃんと教えてくれるかもしれません。
お互いに支え合っていくためにも、それは必要なことですよね。

婚前の身元調査

結婚前の身元調査で病歴・通院歴を知りたい場合、遺伝的や病気が先祖や親族にみられるか、精神的な疾患が先祖や近い親族にみられるかどうかという点を知りたい方が多いようです。
よって本人より、その親族が主に調査対象となるようですね。

他人にはわかりにくい病気

「うつ病は現代病で国民病」。
そんな風に言われるようになって久しいですが、いざ病気の人を前にしてみると、まだまだその認識がちゃんと浸透していないのではないかと思います。
よくインターネットの質問に、病気に見えない人が会社を休んでいる、などといった投稿がされていたりもしますね。
けれども本当にたくさんの人が、「一見わかりにくい病気」に悩まされています。

交際相手はメンヘルですか

交際相手がメンタルヘルス状態、いわゆるメンヘルだな?と認識している方もなかにはいらっしゃると思います。
そういう人達は、ある意味ではとても魅力的に映るようですね。
けれどもそういった人達をすべて、「性格」のひとことで片付けてもよいのでしょうか。
一連の偏った傾向がある以上、それは本当に「病気」なのではないでしょうか。
どこからがその人の「性格」で、どこからが治さなければならない「病気」なのか。
それは実際に精神科に通院してみないとわかりませんよね。
それに交際しているときはよくても、いざ結婚するとなると、こういう相手を選ぶのには少し勇気がいるかもしれません。
少なくとも相手がどんな状態であるのかは、知っておきたいですよね。

  • うつ病

    「うつ病」は現代社会においては比較的ありふれた病気になっており、世の中に広く認知され、情報も溢れています。
    それによって精神科・心療内科の敷居が低くなって、早期発見・早期治療も可能となってきました。
    しかし、「うつ病」への理解が広まるにつれて、「うつ病」という病名は曖昧に使われるようにもなってきました。
    最近では、ちょっとした精神的失調でもすぐ“うつ”といったりします。
    「うつ病」とは、一般に「気分の障害を基本症状とする精神障害」です。
    ほとんどの場合、反復性があり、通常は、病的な状態から回復することが可能であると考えられています。
    原因は厳密にはまだ特定されていません。
    脳の働きがある程度関わっていることは間違いないようですが、環境的な要因も大きいとされています。
    症状には精神症状と身体症状の両方があります。
    精神症状は、抑うつ気分や興味・関心の減退、思考制止などです。
    身体症状はほぼ必ず現れ、食欲不振や睡眠障害など自律神経症状が中心です。
    そして、それらが多様な組み合わせで出現するので、実像としての「うつ病」は「抑うつ症候群」と呼んだ方が正確です。
    「うつ病」になると、晴れ晴れしい場面でも心の中はうつうつとした気分に支配されて晴れやかな方へ動きません。
    頭の回転もままになりませんし、物事の決断もままになりません。ときに動作もままにならなくなります。
    心の様々な面が思い通りに動かず、動かそうとするとブレーキがかかるこのような症状を「制止」といいます。
    制止は正確には精神運動制止のことで、気分の障害、意欲の低下と並んでうつ病の主症状のひとつです。
    そしてうつ病は長期に渡り治療が必要な病気ですが、その症状が落ち着いたとき、それは「治る」のではなく「回復」するといい、それは「寛解」状態のことを指します。
    (寛解という言葉は、最近リウマチなどでよく使われますよね)
    うつ状態から復帰しても原因自体がなくなったわけではないからです。

  • 自律神経失調症

    自律神経失調症、これも最近よく聞く病名ですが、実はこれは正式な病名ではありません。
    自律神経系の病気を総称して、こう呼んでいるだけです。
    精神の調整、神経の調整、、内分泌の調整、免疫の調整などを行う機能がおかしくなると、次のような症状が出ます。
    冷え性、心臓系の症状、食欲不振、息切れ、光が眩しく感じる、目の乾き・ドライアイ、のどのつまり 違和感、不妊症・生理痛、不安感・怒りっっぽい・イライラ・気分の落ち込み、不眠症、めまい・耳鳴り、顎関節症、手足や全体のしびれ、熱感・微熱・・・といった、ひとつひとつは誰にでも起こりうる些細な症状がいくつも発症している状態のことをいいます。
    これらがいくつも重なり悪化すると、動くことも出来なくなります。
    けれども自律神経は、筋肉と同じで鍛えることが出来ます。
    自律神経はストレスを掃き出し交感神経の働きを強くしていくことで強くなるので、副交感神経を働かせることを習慣化してしまうのです。
    腹式呼吸、有酸素運動、日光浴、爪もみ、心身のリラックス・・・などにより副交感神経は働くようになります。
    日常の些細な心がけで防げる病気だともいえます。

  • 気分変調性障害

    うつ病に近い言葉で「抑うつ神経症」という言葉があります。
    ほぼ1日中持続する抑うつ気分が長期間続く慢性疾患です。
    これは言葉は似ていますし、うつ病と症状も似ていますが、医学的にはまったく違う病気です。
    最近では「気分変調性障害」という言葉に置き換えられているようですね。
    「不機嫌」という言葉が使われていることもあり、「性格」と間違われることもありますが、これもまた病気なんです。
    憂うつ、無力感、無気力、悲哀感、絶望感・・・などうつ病と酷似した症状が、少なくとも2つ呈して、ほぼ毎日、2年以上続きます。
    気分変調性障害は、発症する原因が特定出来るという点でうつ病とは異なります。
    例えば、それまで元気な生活をしていたにも関わらず、死別、別居や離婚、仕事の重大ミスなどにより、突然、抑うつ状態になることがあります。
    このように特定の環境や事件など明確な原因があった上でその後、日常的な憂うつ、くよくよと気にやむこと、生活上の喜びの欠如、不適切な思い込みが見られるとき、これらの特徴が他の精神疾患では説明できない場合に気分変調症であると考えます。
    薬への反応が悪く、カウンセリングなども治療に取り入れられます。
    病気であることを受け入れ治療を受けたほうが圧倒的に改善し、症状が軽くなります。

精神科などの通院歴関連ページ

病歴の調査
現在は何の病気も無いが、過去に大病を患っていたというのはよく聞く話ですが、中には相手に知られたくないとして当事者間でも病歴の話をする人が少ないです。しかし、婚前調査で病歴を知りたいという依頼は、案外多くあります。そのほと […]
風俗店などの勤務履歴
どこまでを風俗店に含めるのかということで大きく異なりますが、キャバクラやデリヘルなどで勤務したことがあるのかどうかということを知りたい方はとても多いです。 しかし、風俗店などで過去に働いていたとしても、感嘆には調査結果に […]
男性遍歴、中絶履歴
婚前調査の対象として、男性遍歴や中絶の履歴を気にするという方は、とても多いです。 男性遍歴については、調査によって判明するケースと判明しないケースに分かれます。例えば、直近の男性関係については婚前調査で判明することが多い […]
相手の宗教
宗教の話もよく聞く話ですが、婚前調査で当事者の宗教を知りたいという方が多いです。当事者同士は相手の宗教のことを気にしていないという場合が多いのですが、親御さんが気になるということが多いために、相手の宗教について調査をする […]
整形の履歴
整形に関しては日本人であまり気にする人も少ないですが、婚前調査の項目一つとして依頼される方も少なからず存在します。 整形に関しては、物心がついた後に整形をしたケースについては判明することが多いですが、最近では小学校に上が […]
生活保護
結婚を前提に付き合いをしている当事者が生活保護を受けているのなら、ほとんどのケースで結婚に至るまでに判明すると思われます。問題となるのは、当事者の実家が生活保護を受けているようなケースです。 生活保護というのは、市町村区 […]
銀行口座の調査
婚前調査で当事者の銀行口座の調査を依頼される方は多いです。銀行口座というのは基本的に相手の情報のすべてが詰まっているものとなっているので、どのような生活をしているのかというのが一目でわかるようになっています。 真面目な生 […]
詐欺などの前科・逮捕歴
これは主に女性の親が婚前調査で依頼するケースが多い案件となっていますが、娘の結婚相手の前科や逮捕歴の調査を依頼するということになります。 しかし、最近では危険ドラッグの使用などで逮捕される女性も多くなってきているので、男 […]
離婚理由の調査
結婚を前提に付き合いをしている方に離婚歴があった場合に、相手の離婚理由を知りたいという方も多いです。そのような場合に探偵事務所や興信所を利用される方が多いのですが、離婚に関しても調停離婚や裁判離婚になったケースではデータ […]
元旦那、前妻の調査
バツイチなどで離婚歴がある場合に、元旦那や前妻の調査をしたいという方は多いです。これも婚前調査に含まれますが、婚前調査の中でも相手の前の結婚相手について知りたいということに関しては、少々異なります。 基本的に婚前調査とい […]

トラックバックURL

http://tanteichousa.biz/%e7%b2%be%e7%a5%9e%e7%a7%91%e3%81%aa%e3%81%a9%e3%81%ae%e9%80%9a%e9%99%a2%e6%ad%b4-2/trackback/